通信制高校で就職を有利に

友達が欲しい人は、サポート校があったり登校日が多いところを選んだほうが良い

でも、これは人によるみたいで友達が欲しいという人は、サポート校があったり登校日が多いところを選んだほうが良いかもしれません。
定時性も考えましたが、やはり全日制の人たちと同じ校舎を使っていることや、人と関わらないことが売りなので通信にしました。
どうしても大学には行きたかったので、高校を卒業できてよかったですし諦めなくてよかったと大学に入った今では思います。
通信制高校を卒業してそのまま就職する人と大学に進学する人の割合は分かりませんが、自分のように結構勉強していわゆる有名大学に入っている人も少なくありません。
もちろん、高校を中退してそのまま就職するよりは自分が卒業した高校もずっと実績が良いので出来るならそうした方が良いと感じました。
大学に進学したからと言って、通信高校よりも良い就職先があるかはわかりません。
でも、勉強したいことがあったので今はそれを学習しています。
人とのコミュニケーションが苦手な時期だったり、あまり得意ではない人が居るというせいで高校に通えなくなることは珍しくありません。
でも、それで通えなくなったからと言ってそのままにしなくて本当に良かったです。
今はなりたい夢や目標が無いとしても、将来やりたいことが出てきたときに必要な学歴や経験があったほうが絶対に良いからです。
嫌いな人のせいで将来がだめになったらもったいない、という気持ちで自分は頑張れましたがモチベーションを保つ理由は何でもよいです。
もちろん、いい仕事を見つけたいという事でも構いません。
実際に、高校を中退しているよりも卒業できているほうが就職は有利です。
自分の場合は、現在大学生なので3年生になったら普通に将来のことを考えて活動をする予定ですが、そういう気持ちになることができたのも通信で単位をとれたからだと感謝しています。
通信制高校には、結構訳ありと言われるような人が多く通います。

人と関わらずに必要な単位を取得できるのはありがたかった : 友達が欲しい人は、サポート校があったり登校日が多いところを選んだほうが良い : 全日制を中退して通信に切り替える、という方法も悪くない